復縁したい!元カノ、元彼と復縁するには

復縁したい気持ち 治療は悪い恋愛や失恋を絶つこと

恋愛や失恋依存症治療ですが、とても難しいようです。依存症と聞くと、アルコール依存症や薬物依存症といったものを思い浮かべると思いますが、恋愛や失恋依存症も、そんな依存症の一つだとされています。

 

ですから、アルコール依存症の人がアルコールを辞めることが難しいように、恋愛や失恋依存症の人も、依存する恋愛や失恋を辞めることは難しいようです。恋愛や失恋をすることそのものを辞めるのではなく、恋愛や失恋に依存することを辞めることが恋愛や失恋依存症治療になります。

 

恋愛や失恋に依存するということは、元彼、元カノに対して恋愛や失恋感情を持つというよりも、元彼、元カノとの関係そのものに依存をするのが恋愛や失恋依存症です。ですから、元彼、元カノの意思が優先で自分の意思は関係ないといった、あまりにも自分が元彼、元カノに尽くしすぎる恋愛や失恋をする人は、恋愛や失恋依存症と考えられます。ただ、どこまでが通常の恋愛や失恋で、どこからが恋愛や失恋依存症なのかは、線引きが難しいように思います。

 

恋愛や失恋依存症を治療するには、まず、自分が恋愛や失恋依存症かどうかを知ることでしょう。例えば、暴力を振るう元彼、元カノとの関係がやめられない場合は、恋愛や失恋依存症かもしれません。暴力を振るう元彼、元カノなのですから、傍目から見たら別れたほうが素晴らしいと思える元彼、元カノです。

 

しかし、恋愛や失恋依存症の人にとっては、最愛なる人で、どんなに殴られようとも、その人との関係を辞めることはできません。そして、どう考えてもヒモだろうという元彼、元カノと別れられない人も恋愛や失恋依存症と考えられます。

 

ただ、このように考えると、恋愛や失恋依存症の人って、案外多いのではないでしょうか。恋愛や失恋に失敗した経験って誰でも持っているものですから、それをいちいち取り上げて恋愛や失恋依存症とするのも、妙な話だと思います。周囲の人から危険だと言われている元カレと恋愛や失恋するとスリリングで、これを恋愛や失恋依存症と呼ぶのも、少々疑問を感じてしまいます。ただ、周囲の人が見たときに、どう考えたって絶対に別れたほうが素晴らしい、あるいは、絶対に幸せになれないというような恋愛や失恋を、何度も何度も繰り返しているのであれば、恋愛や失恋依存症でしょう。

 

何度も何度も辛い恋愛や失恋を繰り返していたら、精神的にも辛いでしょうし、身体ももたないでしょう。恋愛や失恋依存症の治療は、長期にわたる治療になると思います。

 

アルコール依存症や薬物依存症の治療のように、まずは、悪い恋愛や失恋を絶たなければならないと思います。そして、素晴らしい恋愛や失恋ができるようになれば、恋愛や失恋依存症が治ったと考えて素晴らしいのかもしれません。自分が恋愛や失恋依存症かどうか、そして治療法はどのようなことをするのか、インターネット上にはたくさんの情報が掲載されています。

 

気になる人はチェックして、恋愛や失恋依存症から脱却しましょう。

 

 

浮気発見裏の方法が急増

浮気発見ブログが今ブログ界で密かなブームとなっており、浮気発見ブログへのアクセスが急増していると聞きます。浮気とは特定の元彼、元カノがいるのに他の異性にうつつをぬかすことで、浮気発見から喧嘩になるケースは多々あるようです。

 

彼の浮気発見では未婚ということから彼女が激怒して別れたという話もよくあり、独身での浮気はそのまま疎遠になってしまう事も少なくないようです。反対に既に結婚している状態で浮気発見された場合は不倫という状態になるので、世間からも批判されるケースが目立つと聞きます。

 

ブログでは様々な浮気の形をアップし、元彼、元カノの浮気発見に利用したり、自分の浮気発見防止に役立てたりと活用法は様々のようです。浮気発見ブログを見てみると、実際に浮気をして夫に浮気発見された妻の体験談などがあると聞きます。同窓会で久しぶりにあった同級生と意気投合してしまい、ずるずると関係を重ねた後に夫に浮気発見されてしまった妻は、最終的に離婚という悲しい結末になってしまったようです。

 

浮気発見された後の夫婦の生々しい喧嘩や話し合いの内容などもアップされた浮気発見ブログは、賛否両論で記録的なアクセス数になったと聞きます。妻の姿を自分と重ね合わせて同情する者や夫の立場から辛辣に批判をする者など、浮気発見ブログを見た人の現状によって対応は様々だったようです。浮気発見ブログで自分の浮気を公開した妻は、自分のような過ちを犯して欲しくないという気持ちからのようですが、不倫という事もあってどちらかというと否定的な意見の方が多かったようです。

 

浮気発見ブログのほかにも、パートナーの浮気発見して苦しんでいる心情を綴ったブログもあるようです。多くの人がインターネットを利用してブログなどで日記を書くようになった昨今では、浮気発見ブログのように自分で情報発信をする人が増えていると聞きます。

 

浮気発見ブログのほかに熱愛ブログや子育てブログ、趣味公開ブログなど、自分の好きなブログを簡単に作る事が出来るのでブログ人気は益々過熱しているようです。ブログを提供しているサイトもたくさんありますから、浮気発見ブログだけでなく子育てブログなど自分好みのブログつくりをしてみるのも素晴らしいかもしれませんね。サイトでは話題の浮気発見ブログや、浮気チェック、浮気調査会社などの情報があるようなので調べてみましょう。

 

 

 

 

 

探偵の浮気発見調査方法

探偵の浮気発見はさすがプロと感心するような腕前で、探偵の浮気発見調査は百発百中だという噂をよく耳にします。探偵事務所では調査依頼が年々増加傾向にあり、多くの人が探偵の浮気発見調査を利用しているようです。

 

浮気発見調査では確たる証拠を掴むのが原則で、妻や夫などの配偶者はターゲットに顔を知られている事から調査は難しいと聞きます。しかし、探偵事務所の探偵であればターゲットに顔を知られていないので容易にターゲットに近づく事も出来、浮気発見現場の証拠も簡単に押さえることが出来るようです。

 

浮気発見現場の証拠が必要な時などは、プロである探偵の調査を利用するのが一番の得策かもしれませんね。探偵の浮気発見調査では依頼者の希望に添った浮気現場の証拠を集めてくれるようです。ある元カノが探偵事務所に依頼した夫の浮気発見調査では、夫の浮気元彼、元カノの詳細や夫の浮気現場写真、夫の浮気現場映像などの希望があったと聞きます。

 

最近のカメラやビデオなどは高性能で小型化していることから、探偵の浮気発見写真などはとても鮮明で納得のいく出来栄えだったようです。浮気発見現場の証拠は離婚訴訟や慰謝料請求訴訟の際に大変役に立つと聞きますから、探偵の調査会社などできちんとした物を揃えるとより有利だとか。個人での資料などは時として人物を特定出来ない事もあると聞きますから、浮気発見資料は専門家に任せた方が素晴らしいでしょう。

 

調査会社は全国各地にあり、浮気発見証拠などの報酬も安価と聞きますから相談してみると素晴らしいかもしれませんね。探偵の浮気発見調査で最近重要な浮気発見の証拠になるとして人気なのがターゲットが持つ携帯電話のようです。

 

浮気元彼、元カノとのデート現場の画像を保存したり、浮気元彼、元カノのメールを保存している人も多い携帯電話は、浮気発見の確たる証拠として大変よく利用されていると聞きます。浮気発見の証拠になる携帯電話はターゲットが肌身離さず持ち歩いている事も多いようですが、配偶者であれば容易に携帯電話をチェックする事も出来るようです。携帯電話での浮気発見の証拠は裁判などでも利用できると聞きますから、浮気発見証拠画像などはパソコンなどで保管しておくと素晴らしいかもしれませんね。サイトでは全国各地にある浮気発見調査優良会社の一覧表や、今すぐ出来る浮気発見チェック表等があるようなので調べてみると素晴らしいでしょう。

 

 

 

 

 

復縁アプローチ 誤解を解く

第三者による元彼、元カノの情報収集の結果、まだ新しい恋人はできていないようだとわかりました。そしてメールを送信して元彼、元カノに嫌われていないという感触がつかめたら、復縁の可能性はありです。

 

次のステップに進みましょう。次は自分の気持ちや状況をヨリを戻すしたい元彼、元カノに伝える段階です。

 

ここでも信頼できる第三者に自分の近況を伝えてもらう方が効果的です。例えば酒癖の悪さが別れた原因だったとして、いくら本人が「もうお酒は飲まないから」と言っても過去のいざこざがあればなかなか信じてもらえないかもしれません。そこで友人に「君ともう一度やり直したいからって、酒をやめるために病院にも通っていたんだよ」と話をしてもらえれば、元彼、元カノの気持ちに素直に響くと思います。

 

また浮気が原因で別れてしまったケースでも、友人を介して「あれは誤解だったみたい」「ただ相談に乗ってもらっていただけなのに誤解されちゃった、ってすごく落ち込んでたよ」と伝えてもらうとよいでしょう。本人から聞くとすべて言い訳に聞こえて信じられなくても、第三者からの言葉は案外すんなり入っていくようです。さてこの重要な役割を担ってくれる友人ですが、復縁したい元彼、元カノと同性で信頼できる人であることは絶対条件で、さらに交際範囲が広くておしゃべり好きなタイプなら最適です。復縁に向けてのアプローチは自分ひとりではなく、周囲の人まで巻き込みながら時間をかけて焦らずじっくり進めていくのが失敗しないポイントです。

 

復縁に向けてのアプローチは自分ひとりではなく、周囲の人まで巻き込みながら時間をかけて焦らずじっくり進めていくのが失敗しないポイントです。復縁に向けてのアプローチは自分ひとりではなく、周囲の人まで巻き込みながら時間をかけて焦らずじっくり進めていくのが失敗しないポイントです。復縁に向けてのアプローチは自分ひとりではなく、周囲の人まで巻き込みながら時間をかけて焦らずじっくり進めていくのが失敗しないポイントです。

本当に暴力は二度とふるわない?

暴力が原因で別れたカップルは、復縁が難しいケースでもあります。それは暴力を直すのが意外に難しいことだからです。

 

復縁を望む側も、望まれる側も、本当に元彼、元カノが変わったのかをしっかり見極めなければなりません。まず、どんなきっかけで元彼、元カノが暴力をふるうことが多かったのかをよく考えます。

 

浮気などが疑われたとき、元彼、元カノのトラウマに触れたとき、など、何かしらきっかけが必ずあるはずなのです。きっかけが見えてくると、暴力をふるってしまった元カレも「これを言われると手が出てしまうのだ」と自分の行動を振り返ることができ、ふるわれた元カノの側も「これを言うと叩かれる」とわかるようになります。元カレが気持ちを抑える努力をし、元カノもきっかけとなる言葉を言わないように注意することで、暴力は抑えられるでしょう。

 

しかし実際のところ、そのきっかけが明らかにならないこともあり、また手を出しやすい体質(性格)というのは簡単には直りにくいものなのです。ただ暴力がお酒とセットになっているケースでは、飲酒をやめることで暴力問題が解決する可能性は高いです。復縁を望む側が「もう酒は1滴も飲まない」という強い意志が持てるかどうかです。

 

ここで「酒の量を減らす」とか「飲む回数を少なくする」などお酒と復縁をてんびんにかけて迷うようであれば、復縁は無理と言ってよいでしょう。復縁を望まれる側も、本当にお酒をやめたのかしばらく様子を見て確かめた方がよいです。

 

暴力の問題は、けしかけて試すわけにいかないので、慎重に見極める必要があります。